2006 06
 

誕生日
2006.6.26[Mon]

 プレゼントを色々いただきました。
 中でも特徴のある物をいくつかご紹介します。
 「安芸ごのみ」…せんべい詰め合わせ
 「えんぴつで奥の細道」…写経のように芭蕉のことばを書き写す本、売れてるという話
 「携帯ストラップ」…POLO RALPH LAUREN製
 「赤ワイン」…今流行の生まれ年のワイン
 「ピアノの置物」…SWAROVSKI
 「お守り」…太宰府天満宮
 「褌」…?(爆笑)
 「フラワーアレンジメント」…食べられません
 他にもロールケーキとかサクランボとかシャンパンとかトンカツとか色々いただきましたが、撮影しないままお腹に入ってしまいました(笑)。

 ありがとうございます。<§_ _§>
 
給湯器−2
2006.6.17[Sat]
 10時に業者さんが来て、ほんと、あっという間に給湯器を付け替えてくれました。
 なので、シャワーを浴びることも、シャンプーすることもできたので、今日は機嫌が良い(笑)。
 でも、機嫌悪くて「World Lighting Fair 2006」の入場料が高いと言ったわけではありませんよ(笑)。

 それにしても、
あぁ、シャ(幸)ワーせ〜。

 
World Lighting Fair 2006
2006.6.16[Fri]
 10時に給湯器の修理業者がやって来て、給湯器を開けて中を調べた。
 結果:修理不能…。

ガ〜〜ン!!

 給湯器は新しいものに交換しなければならないことが判明。
 しかし、来てくれた業者は修理のみの担当で、販売することや施工することはできないという。
 販売施工の指定業者があるというので、紹介してもらうことにした。
 しかし色々な都合により、工事は明日ということに。
 また今日もシャワーが浴びられない〜。§T_T§
 もう気分悪いどころか苦痛ですわ、本当。§`´メ§

 さて、パシフィコ横浜で開催された「World Lighting Fair 2006」へ行ってきた。
 これは照明会社や照明器具メーカーによる、舞台やテレビ用照明器具の機器展で、二年に一度開催されている。
 以前は二年に一度のお祭りだとでも言わんばかりに、随分と派手にやっていたものだったが、より予算の組める組織がより大きく、より派手に、より大音量で(笑)、という具合に演出を行い、各方面から非難を浴び、規制されるようになった結果、二回前辺りから地味になったと聞く。
 確かに一時は、あるブースでショーが始まると、会話もできないほどの大音量が場内に響き渡っていて、「何事!?」状態だった。

 今回、特に目新しい機材はないと思った。
 目立ったのは中国や韓国とかの業者による進出だろうか。

 それにしても、毎回思うのだが、これは照明会社や照明器具メーカーによる展示会なのに、何故入場料を取るのだろうか?ということ。
 しかも\3,000-。
 高くありませんか?。
 いや、そりゃ私は払ってませんよ(笑)。
 でも、基本有料で、ほとんどの人はお金を払って入るわけですよね?。
 無料にするとか、もう少し安くした方が良いんじゃありませんか〜?>N尾さん
 音響機器の展示会はどれも無料ですよ〜。

 
給湯器
2006.6.15[Thu]
 朝っぱらから我が家の給湯器が壊れた。
 お湯が出ない。
 シャワーが浴びられない。§゚ o゚;§
 給湯器のメーカーへ電話を掛け、修理を依頼したが、翌日になるという。§~_~§
 シャワーを浴びられないことがこんなに気分悪いものだということはすっかり忘れていた。
 通っているスポーツジムへ行けば、シャワーは浴びられるのはわかっているが、シャワーを浴びにだけ行くのは少々抵抗がある。
 銭湯へ行くことも考えたが、お金を払うくらいならスポーツジムへ行けば毎月会費を払っているので、シャワー室を利用するのは無料だし、サウナまで使える。
 そんな風に考えがグルグル巡って、行動に移せないまま時間だけが経つ。
 結局、浴室で水道水でタオルを濡らし、軽く絞って身体を拭いてみた。しかし髪を洗うことまではできない。
 病気の時以外は毎朝欠かさず朝シャンしているのに…。§т。т;§
 ああ、気分悪!。

 災害に見舞われ、被災地で避難暮らしをしている方々のご苦労がほんの少しだけ理解できたような気がします。
 自分にできることは僅かでしかありませんが、できるだけ協力したいと思います。
 頑張ってくださいね。
 
美容室
2006.6.10[Sat]
 東京は昨日梅雨入り。
 先日某所に掲載された自分の画像を見て感じたのだが、私は髪が多い。
 その髪がそろそろ鬱陶しくなりそうな季節がやって来そうなので、美容室へ行った。
 家から徒歩5分くらいの所にある行きつけの美容室。行きつけといっても今年はまだ2回目。半年で2回ということは年に4回しか足を運ばないことになる。これは行きつけとは言えない(笑)。
 カラーとカット、パーマのコース。所要時間は約3時間半。以前は5時間以上も掛かっていたが、何が進歩したのだろう?。技術?、薬品?。
 担当美容師さんはこのショップのオーナーH林先生。割と若いにもかかわらず既に数店舗のショップのオーナーで、私が行くショップには金曜日と土曜日にしか居ない。つまり私は金曜日か土曜日にしか行けない。週末時間を空けるのは難しいんだから!。
 この美容室は現在全国に100店舗位展開していて従業員が2000名も居る大きな組織で、今年から某タレントさんがイメージモデルになりました。
 一応失礼のないようにモザイクを入れておきます(笑)。この方が余程失礼のような気もするが…。
 
ここはどこ?
2006.6.8[Thu]
 深い眠りから自然に意識が戻り、目を覚ます直前に自分が今寝ている場所が自宅ではないことを思い出し、目を開けるとそこはホテルの一室だった。

\§〜0〜§°゜/ふぁぁ

 枕元の時計を見ると8:00。目覚ましもセットされていない。もちろんセットした覚えもない。モーニングコールをセットした覚えもない。危ないな〜と思いつつ…。
 でもまだロビー集合時刻の前だとホッと胸をなで下ろしながら、「今日は現場じゃないっつ〜のっ!」と自分にツッコミを入れてみた(笑)。
 重い頭で昨夜の出来事を思い出し、ベッドの自分の隣には誰も寝ていないことを確認し(そんな必要ない!)、身体を起こしたのはそれから約30分後。
 浴槽に湯を張り、昨夜の酒を抜こうとゆっくり朝湯に浸かった次の瞬間、ホテルの二階に大浴場があることを思い出し、「あぁ、大浴場へ行けば良かった〜」と後悔しても手遅れ。§+o+§
 もう一度衣服を着て大浴場へ行く気にはなれない。
 暖かい味噌汁でもう少し二日酔いを覚ましたかったので朝食を取ることに。
 セルフサービスのバイキング形式だが朝食は無料。これは私にとってホテルのポイントが高い。
 9:30 で閉店してしまうので、9:00 にレストランへ。客は私一人。
 無料なので流石に料理の種類は少ないが、暖かいコロッケが美味しく、3個も食べてしまった。ご飯もおかわり。

§^_^§ゞ

 部屋へ戻り、チェックアウトの時刻までにはまだ少し時間があった。
 帰りの新幹線のチケットを見ると、出発時刻は昼過ぎ…。
 「あぁ、観光でもしようかと考えていたんだっけ…」と思い出したが、まだ昨夜の酒が残っていて、観光どころの元気は無い。

§--#§

 チェックアウトの手続きが不要のホテルで、本来カードキーさえも返却不要なのだが、持って帰っても仕方がないので、フロントに返した。
 頑張って駅まで歩き、一番近い列車に特急券を乗変して東京へ戻った。
 こんな状態なので昨夜のことは何も覚えていませんのでご心配なく。(意味不明)

§^_^§ゞ

 
このページのトップへ