2006 09
 

熊野神社例大祭
2006.9.3[Sun]
 私の住む街、自由が丘はまつりが多い。まつりの無い月は無いのではなかろうかという位毎月のように何かしらまつりがある。
 今日は熊野神社例大祭が行われた。
 鎌倉時代以前から800年以上の歴史を誇ると言われている熊野神社で、毎年9月第一日曜日に五穀豊穣を願い、催されるお祭り。

 祭りと言えば縁日。子供の頃、お小遣いを貰い、ワクワクしながら縁日に出掛けた記憶が蘇る。相変わらず、屋台の焼きそばやお好み焼き、いか焼き、たこ焼きが美味しそうな匂いをさせている。お面が売られていたり、カタヌキ、射撃、ヨーヨー吊り…。

 そう言えば、いつの頃からか縁日で見かけなくなったものがある。
 ひよこである。
 段ボール箱の中でピヨピヨ鳴く赤、青、黄色のひよこ。
 養鶏場で孵ったオスのひよこは役に立たないという理由で本来始末されてしまう。それをテキ屋さんはタダで仕入れて着色し、売っていたのだった。ひよこにとっては始末されてしまうよりはペットとして飼われる方が幸せだったのだろうか?。あっという間に成長してニワトリになり、可愛がられなくなってしまう運命なのだが…。
 あのひよこ達は今はどうしているのだろう?。

 そう言えば、もう一つ縁日で見かけなくなったものがある。
 寅さんのように口上を述べながらものを売る人達。巧みな話術は一種の芸として客を楽しませてくれたのだがな〜。
 最近のテキ屋さんは温和しくなったね〜。
 
このページのトップへ