2011 04
 

LED電球
2011.4.8[Fri]
 頭狂電力の無計画停電は各方面から不公平と非難囂々。
 3月28日を最後にそれ以降実施されていません。
 今後は「原則として実施しない」方針と発表されました。
 一方政府は、電力不足が懸念される夏場に大企業の工場などに対して電力消費量を通常の25%削減を求める「電力使用制限令」を発動すると発表した。
 経済を活発にしなきゃならないんじゃありませんでしたっけ?。

 こんな人達に任せておくのはとても心配という訳でみんな節電に対して積極的に協力している次第です。
 凄いです。
 “やれば出来る”をいとも簡単に証明しています。
 しかしこれだけではまだ足りなそうだし、もう少し積極的に協力したいと思い、我が家では白熱電球(一部パルックボール)を全てLED電球に交換しました。
 全部で19個。
 ただ19個の電球を交換するだけなのにそれに要した費用約6万円…。
 それでもネットで安く売っているお店を探したので約2万円安く済んだと思っています。

 いえいえ今はそんな話じゃありません。

 これまで使っていた60Wの白熱電球をほぼ同じ明るさのLED電球に替えれば消費電力は9W程度。
 少々明る過ぎると感じた場所は7.5WのLED電球にしました。
 消費電力は何と約1/8。
 LED電球の寿命は白熱電球の寿命の約40倍。(約10年の寿命)





 リビングルームのシャンデリアは電球8個なのですが、全てLED電球に替えたら明る過ぎて全部点けられません(笑)。
 取り敢えず8個の内の半分4個のLED電球を緩めて消しています。
 もっともこのシャンデリアは一日の内に点けることは今はありません。
 夜の食事時間帯にダウンライトを点けるだけにしています。
 それも調光機対応のLED電球にして暗めに点けています。
 だったら19個も買わなきゃ良かったのではと?。
 いえいえそれは違います。
 買うから経済効果に貢献できるんです。

 今私達に出来る事。
 考えて出たアイデアのひとつがLED電球でした。

 次は蛍光灯シーリングライトをLEDシーリングライトに替えたいと考えています。
 
このページのトップへ