2011 05
 

LED化作戦
2011.5.7[Sat]
 気温が大分温かくなり、暖房器具を使わなくなった為、電力不足の話はあまり耳に届かなくなったような気がする。
 一時の安らぎですよね。
 直ぐに冷房の必要な季節がやって来ます。

 先月8日の日記で予告したとおり、蛍光灯を使用していたシーリングライトも全てLEDに交換しました。
 これで我が家の灯りは洗面所の洗面台に附属の蛍光灯を除いて全てLED化されました。
 弊社のシーリングライトとデスクライトも100%LED化しました。
 なぜこれほどまで徹底的にLED化したのか。
 それにはこんな訳があるのです。
 東京電力管内にある2800万世帯。
 各世帯で1日に約10時間点けているとした場合の60Wの白熱電球を一個LED球に交換するだけで原子力発電機一機分の電力が節約できるのです。
 凄いと思いません?!。
 ちゃんと計算してみましょう!。
 60W形白熱電球の消費電力は約54W。
 同じ明るさのLED球の場合は9.2W。
 その差は、44.8W。
 44.8W×28,000,000(世帯)=1,254,400,000W
 これは1,254,400Kwのことであり、原子力発電機一機分の発電量100万Kwを超える計算になります。
 私も大きな大人ですから世の中こんな単純な計算通りにいかないことは分かっています(笑)。
 だから出来る家庭は複数個の白熱電球をLED球に替えたら良いと思った訳です。
 我が家は白熱電球を19個、蛍光灯を4個LEDに交換しましたからかなり貢献していると自負しています(笑)。

 みんなでやれば大きな力に。
 
このページのトップへ