2011 09
 

山登りはじめました
2011.9.28[Wed]
 という本に出会ったのが先か?、登山グッズを購入しに行ったのが先でそのショップにこの本が置いてあったのか?の議論は、「ニワトリが先か、タマゴが先か」の疑問に似ている。


 「鶏が先か、卵が先か」の疑問は化学的に言えば“卵”が先であると結論づけられる。
 鶏がこの世に存在する以前、鶏ではない鳥が突然変異で鶏に変化することはあり得ない。
 鶏ではない鳥が産んだ卵が孵ってヒヨコとなり成長した結果鶏になった。
 実際には何世代も必要だったろうが、鶏ではない鳥が産んだ卵の方が先であり、鶏になるのは後なのである。




 という訳で本日山登りをはじめました。
社員S「あの…、説明になってませんけど」
 山登りと言ってももう若い方ではないこの私が突然日本一の富士山に挑むなどと無謀な考えは決して起こしません。
 そこはやはり山ガールがお洒落な服装で挑むことができるような「山登りはじめました」第一章に書かれている高尾山にしよう。
 今回はもしかして学校の遠足以来?というほど何十年ぶりかの登山なので様子見程度のつもりでした。
 途中でギブアップするようなことになっても何とか自力で帰って来られるように。
 但し「山登りはじめました」第一章に書かれているようなリフトで上がるような上り方ではなく自分の足で一歩一歩進む「稲荷山コース」を選びました。






 先週の台風の影響が出ていて倒木があるようですが「稲荷山コース」は通行可のようです。




 初心者向けのコースと侮ってはいけません。
 全長は3.1kmですがその内のほとんどと言っても過言では無いほどを階段が占めます。
 日頃運動していないので脚に来ますぅ。§ ´o`§フウッ
 学生と思われる方々は足腰を鍛えているのでしょうか、もの凄いスピードで駆け上がっていきます。
 度々山登りをしているのだろうと思われるご老人達は軽快に上り下りしています。
 みんな凄いな〜。
 きっと私が一番バテバテに見えただろうと思います。






 所々に倒木があり先週の台風の規模の大きさを伺わせます。
 重機が運び込めないので一本一本手作業で切って退けないとなりませんね。
 遠くにチェーンソーで切っている音が聞こえます。
 多分ジェイソンではないと思います。






 高尾山山頂は綺麗に整備された観光地のようです。
 展望台からは霞んでいましたが富士山を観ることができました。






 今回の私の目当ては「高尾山ビアマウント」。
 簡単に言えばビアガーデンの山版です。
 食べ放題飲み放題です。
 これが待っているから辛い階段上りも歯を食いしばって耐えてきたのです。
 山景色を楽しみながら生ビールと食事。
 旨いですよ〜。
 これだけを楽しみに行くだけでも価値ありです。
 ただ今シーズンは今週末10月2日までで営業終了になりますのでご注意を。
 
TOTO
2011.9.27[Tue]
 「東洋陶器株式会社」のことではない。
 と思いっきりベタなギャグを飛ばそうかと思ったらいつの間にか社名が変更になっていて「TOTO株式会社」だそうです。
 ちが〜う!、そうじゃな〜い!。
 ロックバンドの“TOTO”です。
 日本武道館で開催された一時再結成のTOTO来日公演に行って来たという話です。
 本来は5月24日に行われる予定でした。
 それが東日本大震災の影響により本日に延期になった次第。
 震災の影響とは言うものの会場が使用できないとか計画停電を恐れてとか節電に配慮したという理由ではなく本人達の意志によるものらしい。
 つまり「怖いから行きたくない」ということだろう。
 もっともな気もするし責めるつもりもない。
 ただ一方LADY GAGAのように震災が起きたから行きたいというアーティストも居る。
 この差は何なのでしょうね?。

 TOTOは私が学生の頃から聴いていたバンドのひとつであり、Steve Lukatherのギタープレイが好きだった。
 1986年の日本公演ではツアーに同行させてもらった。
 写真のドラムスティックはオリジナルメンバーであるドラマーのJeff Porcaroから戴いたもの。
 6年後の1992年に亡くなった時は大変ショックでした。
 スティックは勝手に形見と思って大切にしています。





 コンサートの選曲は昔のナンバーが多く、懐かしくもあり、嬉しくもあり、そして悲しくもありました。
 
山登り…
2011.9.21[Wed]
 はじめられませんでした…台風…雨。§T_T§


 詳細は後日につづく…。
 
久が原キッチン
2011.9.11[Sun]

 世田谷区にある奥澤神社が大蛇祭りを行っている昨日今日、東京は厳しい残暑に見舞われました。
 気温はせいぜい30℃超。(十分高いか?)
 なのに異常に蒸し暑い。
 世田谷区民であるにも拘わらず大蛇祭りのことはその存在すらも忘れていました。
 自由が丘駅前を浴衣を着て歩いている女性が居る理由が分かるまでに大分時間を要しました(笑)。
 そんな中向かった先は滅多に乗らない東急池上線に乗って久が原駅のVILLA久が原ステーションビル6階に今月15日オープンする「久が原キッチン」。
 自由が丘スイーツフォレスト内にあるPラチノ自由が丘テラスの店長だったS藤さんがお店を辞め、オープンさせたイタリアン酒場。
 今日はプレオープンのレセプションパーティでした。
 店内は座席数20席程のこぢんまりした雰囲気。
 店内とほぼ同サイズのテラスにもテーブルを用意するらしいが、現在まだ屋根がありません。
 でも晴れた日は羽田空港沖の海から東京タワーも見渡せる眺望が素晴らしい。
 BGMを大きめに鳴らしても近所迷惑にもならなそう。
 夜は星空が綺麗でしょう。
 シェフは西麻布、銀座、上野などのレストランやピッツェリアで修業を積んだ33歳。
 バーニャカウダやピザなとパーティ用に用意された料理はどれも美味しかった。
 趣味でパンを焼く28歳女性が今日はお店で美味しくパンを焼いて提供してくれました。
 沖縄の泡盛をこぼれそうなほどグラス一杯に注いで私に呑ませようとする一日店員さん(笑)。
 久が原なんて何か用があってわざわざ外から行くような場所では無いと思う。
 つまり地域密着型のレストランを目指すのだろう。
 でも覚えていたら是非行ってみてください。
 味は保証します。
 今日は食べられませんでしたがPラチノのフライドポテトより表面をカリカリに仕上げるそうです。
 正式オープンまであと4日。
 楽しみです。
 写真は店長の広い背中。
 
このページのトップへ